FC2ブログ

なむでぃんだより

東京工業大学国際開発サークルIDAcademyのベトナムプロジェクトチームのブログです。プロジェクトの最新情報やベトナム全般に関する情報からメンバーの近況や愚痴まで多彩な内容をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第三回現地調査③

ハノイ~ナムディン省ダオケイトォン村到着


 今回はハノイ~ナムディン省の村に着くまでについて書こうと思います。前回の調査から、バスは格安であることが分かったので今回の調査ではバスで行くことにしました。(空港からタクシーで村まで行く方法については以前のエントリーを参照)


 とはいっても、バスを使う事には多くの不安要素があります。先ずどのバスに乗れば良いか分からない、運転手はベトナム語しか話せないので、どのバスに乗車すれば良いか聞く事が出来ない、間違ったバスに乗った際に引き返せない等です。最悪のケースを避けるために、今回はハノイ在住のHienさんに、ハノイ市街からバスまでのアテンドをお願いする事にしました。


 ホテルからタクシーで、ハノイ市街にあるMy Dinh Bus Stationに向かいました。乗車場には多くのバスが無造作に集まっており、私たちにはぱっと見どのバスがナムディンに向かうか把握出来ませんでしたが、Hienさんは電話をやり取りをしながら目的のバスをを見つけました。どうやってバスを見つけたのかと聞いたところ、チュー君のお母さんから運転手の番号を聞き、運転手に電話をして予約をし、出発する時間を聞いたとの事でした。運転手に直接連絡を取って予約をしたり当日に連絡を取り合うというのは、私たちにとって新鮮でした。


CIMG3733_convert_20120917022406.jpg


 よくバスを見てみると、NAM DINH, NGHIA HINGと行き先が書いてあります。行き先の紙からバスを見つけられるという意見もあると思いますが、ナムディンといってもかなり広いので、ナムディン行きの中でお目当てのバスを探し当てるのは難しいかもしれません。どうのようにバスシステムが成り立っているのかは未だに分からない部分が多いです。


R0014335_convert_20120917024246.jpg


 乗車賃の3ドルを支払い、スーツケースをトランクに詰め込み乗車しました。この日はベトナムの独立記念日だったので、多くの人がバスに乗車して地元へ帰省していました。ベトナム人にとって重要な日であり、皆でお祝いをするとのことです。もちろんバスの乗車客は私たちを除いて、全員ベトナム人です。


R0014342_convert_20120917024942.jpg


 荒い運転に揺られること約三時間で、目的のダオケイトォン村に着きました。無事に着いて一安心しました。これから10日間村に滞在します。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://namdinhproject.blog.fc2.com/tb.php/18-1cebe98d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。