なむでぃんだより

東京工業大学国際開発サークルIDAcademyのベトナムプロジェクトチームのブログです。プロジェクトの最新情報やベトナム全般に関する情報からメンバーの近況や愚痴まで多彩な内容をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノイバイ空港からナムディン省の村まで

本日のエントリーは竹久が担当します。せっかくなので少し自己紹介をさせてもらいます。私を語る上で欠かせないのはテニスです。数少ない自慢の中の一つなのですが、中学・高校時代に運良く全国大会に三年間連続で出場する事が出来ました。気合と根性論をモットーにして練習に励んだため、今でも「諦めたら終了」が私の座右の銘となっています。まあよく考えたらこの言葉はスラダンですから、正確にはバスケなんですけどね(笑)。
大学に入学してからは一転、海外旅行に明け暮れました。親に旅行に行くと言うと、「またアジアかい」って言われるくらい彼此アジア各国を含め15カ国近く回ったと思います。別に明確な理由はないのですが、長期休みになるとバックパックを片手にフラーっと旅に出てしまうのです。誕生日占いによると、前世はトムソーヤだったとか(笑)。

自己紹介はこれくらいにして、早速2012年3月に実施した第二回現地調査の話をしようと思います。徐々にアップしていきますが、先ずノイバイ空港からナムディン省の農村地帯までの行き方について詳述します。結論から言うと、現地の方の付き添いがなしでは農村部まで行くのはかなり難しいです。ほとんどのタクシー運転手が全く英語を話せないため、彼らが迷ったらもう辿り着くことは出来ません。今回は現在日本に留学しているベトナム人の方に、現地でコーディネートをして頂きました。

村までの乗り物の選択肢は三種類で、Taxi, Reserved-Taxi, Busです。TaxiとReserved-Taxiの違いは文字通り先に予約するか否かで、値段に関してはTaxiは不明、Reserved-Taxiは片道約約90ドル、Busは約5ドルです。私は行きにReserved-Taxi、帰りにBusを利用しました。前述したようにTaxiとBusでかなりの値段の差がありますが、乗車時間はTaxiよりもBusの方が短かったです(約2時間半、約3時間)。Busの運転手はかなり運転が荒く、反対車線を使ってがんがん追い抜いて行きます。車と衝突しそうになり、何回も自分の人生は終わったと思いました(汗)。ある意味、お金で安全を買うという部分があります。

Reserved-Taxiに関してはかなり安全運転でした。ただ、途中で四回も休憩を挟みました。コーヒーショップに寄ったり、腹が減ったと言い出してレストランに寄ったり、これまたベトナム人独特の伸び伸びした感じです(笑)。日本人の感覚とは大分違いますが、またこういう部分がベトナムの魅力の一つでもあります。

魅力とは違いますが、ベトナムならではのタクシーの制度も発見することが出来ました。ベトナムの家庭では、家から空港までどんなに遠くても家族全員で見送ります(3時間以上でも)。従って必然と往路のタクシーが必要になり、帰りの運賃は運転手が半額にまけてくれるとの事です(恐らくベトナム全土でシステム化されている?)。これまたベトナムの独特の文化を表している一つだなと思いました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://namdinhproject.blog.fc2.com/tb.php/2-41fe57dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【ノイバイ空港からナムディン省の村まで】

本日のエントリーは竹久が担当します。せっかくなので少し自己紹介をさせてもらいます。私を語る上で欠かせないのはテニスです。数少ない自慢の中の一つなのですが、中学・高校時代...

  • 2012/05/13(日) 05:10:41 |
  • まとめwoネタ速neo

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。