なむでぃんだより

東京工業大学国際開発サークルIDAcademyのベトナムプロジェクトチームのブログです。プロジェクトの最新情報やベトナム全般に関する情報からメンバーの近況や愚痴まで多彩な内容をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明けましておめでとうございます!!

皆様、明けましておめでとうございます!
新年の挨拶が遅れてしまいましたが、私達ベトナムプロジェクトは積極的に活動を続けています。
昨年度の振り返りと、今年の活動予定、助成金の報告をしたいと思います。

先ず、昨年度の振り返りです。昨年度はノンラーの機械化による生産効率の向上に挑戦しました、ただ結果としては残念ながら失敗してしまいました。元々ノンラー作りは精緻で手作業なためかなり集中力を必要とします、また1つ作るのに4時間掛かるのに対して利益は1ドルと結構大変な仕事なんです。なので、作業効率を上げることが出来れば、収入も上がるし大変さも減るという事でミシンを応用した製品を構想しました。しかしながら、実際に動き出してみると技術的困難さにに直ぶつかり、日本の大手ミシンメーカーにも打診するも、既存の技術では難しいとの事でした。また実際にやってみて分かったのは、ノンラーは昔から作られ改良されてきただけあって、意外と作業工程が効率化されているんです。言い換えたら、手作業でこそ作れて、且つ無駄のない作りなんです。なので結論としては身も蓋もない事ですが、機械化して生産できない以上ノンラーはノンラーのままで良いという事なんです。これがJICA等のプロジェクトであれば、履行責任が伴うため大目玉を食らうかもしれませんが、学生プロジェクトでは何回でも失敗し挑戦できます。学生の特権ですね。失敗も成功もない人生より、失敗するかもしれないが成功するかもしれない人生のが好きです。

そういう事でまた懲りずに新たなプロダクトを構想中です。具体的に何をするか?ノンラーを軸とした観光産業の商品作りです。実はベトナム政府も観光客誘致には力を入れていて、どんどん人を呼び込んでいます。この伸びていくマーケットにノンラーを適応させる事なんです。ベトナムには既に3回行っていますが、ノンラーのお土産品既にあるんですが、ださいし大きくてとても買う気分にはなりません。外国人観光客が興味本位で買っているのは目にしますが、お土産品のメインストリームには絶対になりえません。ただ、ノンラーはベトナムを象徴するものであり、ベトナム特有の価値があります。なので、その商品のコンセプト、見せ方、ストーリ―次第ではベトナムを代表するお土産品になり得る事も可能です。なので、小さくて、オシャレで、知り合いにあげて喜ばれセンスが良いと思われるような物を作ろうと考えています。そのために、東工大の男臭い連中で作ってもダメなので、美術系の人達と現在意見交換を始めました。ブレスト中ですね、近いうちにそのプロトタイプとなるものの写真が公開できると思います。

最後にもう一つ報告があります。昨週はぐるなび会長の滝久雄さんが行っている海外プロジェクト支援の基金の面接があり、結果は無事に助成金を貰う事が出来ました。実は夏の現地調査の際にも支援して頂きました。前回は個人の支援だったのですが、今回はグループとして貰う事が出来、3人分の旅費を確保できました。日本では中々こういった支援が少ないので、非常に感謝しています。先ほどは失敗してもいいと言いましたが、お金を貰っている以上、もちろん成果を出すために全力でやっていきますよ。今年はチーム一丸となり成果を出したいと思います!

竹久
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://namdinhproject.blog.fc2.com/tb.php/35-5024c296
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。