FC2ブログ

なむでぃんだより

東京工業大学国際開発サークルIDAcademyのベトナムプロジェクトチームのブログです。プロジェクトの最新情報やベトナム全般に関する情報からメンバーの近況や愚痴まで多彩な内容をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナムディンでの夕食

こんにちわ!只今、フィリピンはセブ島に滞在中の加藤です。
前回の更新から2週間空いてしまいました・・・。個人のブログはとても書ける気がしません。まめに更新しているブロガーの方はすごいですね。

さて、今回のエントリーですが、第2回のエントリーで竹久が言及した第2回現地調査から話題を提供したいと思います。第2回現地調査の初日、ノイバイ空港からナムディン省の村に移動して間もなく夕食の時間になりました。現地調査の間の食事は基本的にメンバーのChuの実家で御馳走になりました。
料理は個人的な感覚からすると結構ワイルドです。下の写真が初日の夕食です。メニューは、ヒエかアワに似た黄色の穀物が少し混じった米に、茹でた鶏を丸一匹、茹でた豚肉、細切りにした人参やその他名前の分からない野菜と一緒に鳥の内臓を炒めたもの、でした。説明が下手ですみません。茹でた鶏肉や豚肉は味付けをしていないので、酸っぱ辛いソースにつけて食べます。これは日本料理にはあまりない味で、なかなかクセになります。肉の質も日本の鶏や豚とは違い、とにかく固いです。噛み切るのにかなり顎の力を必要としますし、丈夫な歯も必要です。実際、私の歯は1週間が経過した頃から痛み始めてしまいました・・・。次のフィールドトリップまでには何とかして健全な歯を手に入れていたいと思っています。これだけ歯ごたえのあるものを日常的に食べている現地の人々は、さぞかし強い顎と歯を持っているのだろうと密かに感心しきりでした。
そして、歓迎の晩餐にはが欠かせません。登場したのは現地の村で生産しているベトナム焼酎です。後に生産している家庭を見学しましたが、作り方は日本の焼酎と似ているようです。しかし、アルコール度数は日本の焼酎より高く約40度です。おちょこでクイッと一気飲みすると食道が熱くなるのがよく分かります。歓迎の意味を込めて、村長がどんどんすすめてくるのでついつい飲み過ぎてしまいました。村の慣習かベトナム全体の慣習かはよく分かりませんが、村長が手のひらを上に向けてスッと振り上げるのが、「飲め」のサインです。飲み干すと笑顔で固い握手を交わします。こうした飲みニケーションを通じて絆は着実に深まった・・・気がします。

どの国に行っても、異国の食文化というのは興味深いものです。また折を見て、現地での食事の話題に触れたいと思います。それでは、今回のエントリーはこの辺で!

CIMG3047_convert_20120529231037.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://namdinhproject.blog.fc2.com/tb.php/5-1a23f03d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【ナムディンでの夕食】

こんにちわ!只今、フィリピンはセブ島に滞在中の加藤です。前回の更新から2週間空いてしまいました・・・。個人のブログはとても書ける気がしません。まめに更新しているブロガー

  • 2012/05/30(水) 03:08:03 |
  • まとめwoネタ速neo

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。