なむでぃんだより

東京工業大学国際開発サークルIDAcademyのベトナムプロジェクトチームのブログです。プロジェクトの最新情報やベトナム全般に関する情報からメンバーの近況や愚痴まで多彩な内容をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己紹介と私の故郷ベトナム

皆さん
どうも、こんばんは、
ナムディンプロジェクトチームメンバーのチューバンフンです。
Chu.jpg


今日、初めて、ブログを書くので少し、自己紹介させてください(笑)
2005年3月から来日し、現在8年目に入っておりますが、日本語が中々上手くなっていません。たまに、日本語をしゃべっても、周りの日本人に「よく分からない」と言われているから、自分にとって外国語というのは難しいなと感じました。
ベトナムのナムディン省にギャフン区に生まれ育ちました。故郷といえば、多くの事を思い出します。そこに家族、親戚、友達、先生方々、近所の人等の知り合いの顔を思い浮かべます。
ここで故郷という言葉をつい話しだしてしましたので、いろんな事を思い出しちゃって、また複雑な気持ちで数分位深く考え込んでしまったので、深く考え込む傾向をちょっと辞めます。
簡単に言いますと、故郷には愛する人がいっぱい居て、いつか自分に関わった人々に本気で何か恩返しでもしたいという気持ちが時々ありました。多分、遠く離れると、皆がそのような気持ちがあるかな。
さて、なぜ自分がこのプロジェクトに参加したのかの切っ掛けをちょっと紹介したいと思います。
昨年、自分の国、生まれた地域について何か問題があると聴かれたら、ちょっと考えると、なぜか日本に留学している私は一時帰国するたびに、何日か経ったら、いつも目が痛く真っ赤になります。実家を離れ、ハノイ首都へ遊びに行くと痛みが無くなり、症状も改善されます。自分は国際開発工学専攻なので、講義の中では発展途上国についての水源不足、水源汚染等の問題を扱う機会が多かったので、もしかしたら自分の村にも水源が汚染されているじゃないかと思いました。
そこから、ベトナムチームが形成され、メンバーが集まって、どんどんアイディアを出されました。現在に至るまでは皆さんがブログを見ると、どれだけ、竹さん、加藤さん、川原さんとソンさんが頑張ってきたかとイメージして頂いたでしょう。
隣の席に座っている竹さん達が発展途上国、特にベトナムについての本を探し読み、ベトナムについての多くの関連情報を調べる姿を見ると、「竹さん達がすごいな」と思っていました。ここで、「凄い」というのはベトナムに関心を持って頂いている事と竹さん達の調べ力、問題発見と問題解決への意欲に対する驚き、感謝の気持ち(何となく嬉しく思っていました)です。そのために、私からは何か出来る事があったらお手伝いしたいと思っていました。
そう言っても、今まで、特に最近、私が何も出来てないから申し訳ない気持ちでいっぱいです(笑)
ここで辞めないと次回書く事が無くなるので、この辺で
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://namdinhproject.blog.fc2.com/tb.php/8-b45a9584
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。